購入の流れ

物件を売却する為に必要な、お金や準備物等をまとめた物件売却の流れです。

ライフスタイル

大切な資産の売却を検討するにあたっては
色々なご不安もあるかと思います。

まずは地域の不動産会社に相談をしてみましょう。

すぐに売却しないという方も、秘密は厳守されますので

具体的な質問をしてみるとよいでしょう。

ライフスタイル

売却するかどうかの前に、一体いくらで売却できるのか

不動産の価格は地域相場、流通性比率(需要)、

その不動産の特性、類似案件の事例などから設定されるため、

取引の専門家に査定を依頼することをオススメします。

Q2. どのエリアでお探しですか?

査定に際しては法令・権利関係・現地の状況・周辺環境・

周辺地域の取引事例や相場が調査されます。

鑑定評価と異なり、実際に売却可能な

金額が調査結果を根拠に報告されます。

ライフスタイル

売出価格が決まったら、
売却を依頼する不動産会社との間に媒介契約を結びます。
一般・専任・専属専任の3つの種類がありそれぞれに長短があります。
きちんと説明を受け信頼できる不動産会社と契約を結びましょう。

ライフスタイル

不動産業者間で情報を共有するレインズへの登録をはじめ、
チラシやホームページ、住宅情報誌等を通じ物件の広告活動を行います。
随時、営業活動・反響について報告を受けることをオススメします。
速やかな売却のため不動産会社と連携し売却方法の見直しを適時行いましょう。

Q2. どのエリアでお探しですか?

購入申込みが入ったら引き渡し条件について具体的な打ち合わせを行い、
購入者との間に売買契約を締結します。

Q2. どのエリアでお探しですか?

建物の場合、引渡し前に引っ越しや荷物の撤去を済ませます。
抵当権が設定されている物件は抹消の手続きが必要です。

ライフスタイル

残代金や精算金を購入者から収受すると同時に所有権の移転登記をします。
仲介手数料残金の支払いも。物件を購入者に引き渡します。

Q2. どのエリアでお探しですか?

不動産売却にかかる費用を以下に記します。
売却時の条件によりその他の費用が発生する場合があります。
・仲介手数料(不動産会社に支払う手数料です)
・印紙代(売買契約書に貼付する印紙代 です)
・登記費用(物件に抵当権が設定されている場合のみ抹消登記が必要です)

・譲渡税(売却益が出た場合のみ。所得税・住民税が発生します)

・その他(測量費、ハウスクリーニング、リフォーム費用、古屋解体費用などです)